ソフトつまみ飛魚 45g

つまみ飛魚を食べたいけれど、歯が悪くてかめない方。


長年販売いたしておりますと、当時のお客さまから「以前は、よくいただいたけれど、ものがかめなくなって・・・」と言うお客さまの声をよく耳にします。


そういったお客さま用に従来のつまみあごを食べやすくする為に1尾ずつ加工場で、下ヒレを取り除き


桧を台にしてトントンと木槌ちで叩きながら柔らかく仕上げました。


そうです。イベント販売でご存知の方は、お分かりでしょうが、店主自ら木槌で叩いている姿をご覧になられ「何をしているのかなぁ」とのぞき込むと


運良く仕上げた物を契り試食しながら歩いて行かれた方の大半が余りにも後から味が出て来て美味しいので、わざわざ買いに戻られる商品です。


「ソフトつまみ飛魚」の特徴



  • 注文を受けてから作りますので、「直ぐ」と「数」は、無理ですので、予めご了承下さいませ。

  • つまみ飛魚は、そのまま召し上がれます。

  • ビール・ワイン・日本酒・焼酎等のお酒の肴として、又は、カルシウム不足を補うおやつとして、美味しくいただけます。

  • 本物の「飛魚(あご)」だけが、記憶に残る


    本物がつくりだす「美味しい体験」だけが、 脳に刻まれ、記憶に残っていきます。

    すばらしい体験は、時間がすぎさったとしても色あせず、繰り返し語り継がれることと同じ様に・・・。


    あなたの新しい記憶に「飛魚(あご)の美味しさ」が、加わることを保証いたします。



    「つまみ飛魚」とは?


    毎年9月〜10月にかけて、長崎県平戸では季節風(あご風)がくると、あご漁が行われます。

    激流渦巻く平戸瀬戸で、獲れた新鮮な飛魚(あご)の幼魚を一尾一尾、頭とはらわたを取り除き、当店特製の秘伝のタレに一昼夜漬け込み、前味を整えます。


    あごだしの旨み成分のイノシン酸を引き出す為に干し上げます。

    この見極めとこれからの焼き加減が、熟練した平戸のあご職人しかなせない匠の技です。


    丹念に焼き上げた逸品は、真似の出来ない極上の珍味に仕上がります。


    又、食べ物の中で干しエビ、蟹に続く3番目にカルシウムが多い食べ物として文部科学省HPで紹介されております。


    「ソフトつまみ飛魚」の原材料


    飛魚(長崎県平戸産)・食塩(五島灘の塩)・たん白加水分解物・水飴・味醂・清酒・調味料(アミノ酸等)・甘味料(ステビア)

    ※特定原材料27品目の小麦、乳を含みます。




    製品の詳細情報はつまみ飛魚ソフトをご覧ください。 あご匠松井 店主合掌


  • ソフトつまみ飛魚 45g
  • ソフトつまみ飛魚 45g
  • ソフトつまみ飛魚 45g
  • ソフトつまみ飛魚 45g
1,296円(税96円)

その他の詳細情報

販売価格 1,296円(税96円)
型番 4.57E+12

Go