生干し飛魚の焼き方

生干し飛魚の焼き方
recipe_namaboshi

作り方



  • 冷凍のままフライパンにのせ、弱火で両面焼きます。脂分が少ない為、焦げませんので見極めが肝心です。

  • あごの体が白くなりお腹の所が割れてきます。お腹が割れれば、焼けた証拠です。焦げ目が付かないので、焼きすぎに注意して下さい。

  • レモン等、柑橘系が御座いましたら絞って身にかけていただければ、よりいっそう美味しくいただけます。(油をひいて焼かれても美味しく召し上がれます。)油で素揚げもOK。

ランキング

  1. きびなごちりめん(貴美女子ちりめん) 756円(税56円)

    1

    刺身で食べるキビナゴの稚魚のちりめんです。

  2. つまみ飛魚 45g 1,080円(税80円)

    2

    そのまま召し上がれます。

  3. あごだしパック 18袋入 3,240円(税240円)

    3

    18袋入りです。

  4. つまみ飛魚 150g 3,240円(税240円)

    4

    150g入です。

  5. ソフトつまみ飛魚 45g 1,296円(税96円)

    5

    やわらかい、つまみあごです。

  6. お徳用 お手軽 粉末あごだし 200g 3,456円(税256円)

    6

    200グラム入り

  7. 平戸伝統製法炭火焼あご 1,350円(税100円)

    7

    平戸瀬戸の飛魚を炭火で焼き天日に干します。

  8. あご煎 864円(税64円)

    8

おすすめ商品

×

コンテンツを見る

お気に入りリストに登録しました。 お気に入りから削除しました。
お気に入りリストはコチラ ×
>