あごを使用した郷土料理

あご(トビウオ)は旨味成分が凝縮された魚の1つです。
だしとして使われる事の多いあごですが、食材としても様々な料理で使用されています。
あごを食材にした郷土料理は日本各地に存在しています。
こちらでは、あごを使った郷土料理をいくつかご紹介します。あごの豆知識としてご参考下さい。

から揚げ・つけ揚げ(屋久島)

ユネスコの世界遺産に登録されている屋久島は、観光スポットとして世界的に人気の場所です。
そんな屋久島は、トビウオ料理で有名な地域の1つとなっています。
トビウオを利用した郷土料理には、から揚げやつけ揚げなどがあります。

から揚げはトビウオをそのまま素揚げしたもので、
羽を広げて揚げられている姿はインパクトがあります。
地元の人は、塩コショウやレモンをかけて食べているそうです。
つけ揚げはさつま揚げの事で、さつま揚げの材料にトビウオのすり身を混ぜて作ります。
つけ揚げは普通のさつま揚げより歯ごたえが良く、食べごたえのあるものとなっています。

なめろう(房総半島)

なめろうはトビウオやアジ、イワシ、サンマなどの魚を材料にした料理です。
まず魚を包丁で刻み、粘りが出るまで細かいたたきにしていきます。
青魚以外にも味噌、生姜、ミョウガ、葱、大葉などを混ぜ合わせて作ります。

なめろうはトビウオが持つ本来の旨味や、深い味わいを堪能できる料理の1つです。
なめろうの由来は、美味しすぎて皿まで舐めてしまうという事からきています。
トビウオの美味しさを実感できる一品としておすすめです。

すり身汁(新潟)

新潟の佐渡では、トビウオをすり身にして入れた味噌汁がよく飲まれているそうです。
トビウオのすり身には魚独特の香りがないので食べやすく、上品で淡白な味わいを堪能する事が出来ます。
プリプリとしたトビウオの食感も充分に楽しめます。味噌汁だけでなく、お鍋に入れるのも良いと思います。

当店では粉末あごだし、焼きあご、あごだしパックなど、あご関連の商品を販売している専門店です。粉末あごだしは、隠し味としてどんな料理にも活用いただけます。万能調味料である粉末あごだしを購入するなら、高品質なあごだしを提供している当店をご利用下さい。あごだしを活用したレシピ術もご紹介しておりますので、そちらも是非ご参考下さい。


あごを使用した郷土料理

コンテンツを見る

お気に入りリストに登録しました。 お気に入りから削除しました。
お気に入りリストはコチラ ×
>