あごの種類

「あご」とはトビウオの事を指しますが、
厳密に言うとトビウオの中でも「角トビ」と「丸トビ」の2種類の事を言います。

主に見られるトビウオ

トビウオとはトビウオ科の魚を指す言葉であり、世界的に見ると50種類以上、日本では20〜30種類のトビウオが生息すると言われています。標準和名としてトビウオという種類も存在していますが、捕獲量の少なさから市場に出回る事はあまりありません。

トビウオはカツオなどと同様に季節回遊し、日本近海へは春先から夏にかけて北上、産卵した後、秋には南下していきます。一般的に市場で見られるトビウオは、ハマトビウオ・筑紫トビウオ・細トビウオの3種類です。さらに、頭の形が角ばったハマトビウオと筑紫トビウオを「角トビ」、丸みを帯びている細トビウオを「丸トビ」と区分しています。

角トビ・丸トビの特徴

角トビに区分されるハマトビウオは、体長約50cm、重さは1kg程度まで成長し、トビウオ科の中では最も大型な種類です。旬は春先から初夏にかけて、九州南部から四国沿岸の太平洋、伊豆諸島周辺で主に水揚げされます。そして筑紫トビウオは、体長約30cm、重さは300kg程度と中型で、主に高知や和歌山、山陰地方で多く水揚げされています。

丸トビに区分される細トビウオは、体長約30cmと市場で出回るトビウオの中では小柄な種類です。旬は晩春から夏場にかけて、主に山陰地方で水揚げされます。平戸で水揚げされる丸トビは15cm前後と小振りですが、当店の焼きあごには、この大きさがピッタリです。

あごの種類

当店では、炭火焼きあご、つまみあご、微粉末あごだし、あごだしパックなど、厳選したあごを使用した商品を販売する専門店です。厳選したあごを使用して作った商品は、どれも料理に旨味と深みをプラスしてくれます。

特に、焼きあごは長崎県平戸伝統炭火手焼製法のA級品です。炭火で凝縮された旨味を是非、毎日のお料理にご活用下さい。ご家庭用・業務用をご用意しております。いつものレシピにオリジナリティを出せる食材をお探しの方には、当店の焼きあごをおすすめします。


あごの種類

コンテンツを見る

お気に入りリストに登録しました。 お気に入りから削除しました。
お気に入りリストはコチラ ×
>