子供の成長を考えるなら天然だしを

おいしい食事は人を幸せな気持ちにしてくれるものですが、おいしい食事を手軽に作れる化学調味料ばかりに頼っていませんか?
人の手によって調合された化学調味料には様々な添加物が含まれています。
特に子供がいる家庭では天然だしを積極的に選ぶ事をおすすめします。

味覚の基本はお母さんが作る食事

日本は昔から昆布や椎茸にかつおぶしなどの天然だしを生かした料理が基本でした。しかし手軽に美味しい料理が作れる化学調味料が天然だしに変わって多く利用されるようになりました。

それによって様々な体調不良を引き起こしているという事が最近の研究では分かってきています。
特に子供の頃から毎日食べている「お袋の味」というものは、その子供が薄味を好むのか、濃味を好むのかという基本的な味覚を決めてしまうものです。

だからこそ子供の成長を考えて料理を作るなら化学調味料よりも天然だしを生かした調理が重要です。

化学調味料に慣れてしまうと

化学調味料の代表でもあるアミノ酸はグルタミン酸ナトリウムの別名です。これには様々な研究がなされているのですが、妊婦が大量に摂取してしまうと、血液を通して胎児に悪影響を及ぼしてしまう危険があると言われています。

肝臓機能が弱い方なら甲状腺や生殖機能などにも影響が出てしまいますし、成長期の子供に大量にアミノ酸を与えてしまえば、味覚障害に陥ってしまう危険性もあります。

私たちは普段舌に存在する「味蕾(みらい)」で味を感知し、大脳の味覚中枢へ情報が伝わる事で味を認識しています。この味蕾の機能を麻痺させてしまうのがアミノ酸などの化学調味料です。

家族の健康の為には天然だしを

塩分の摂り過ぎは高血圧、糖分の摂り過ぎは糖尿病になるとも言われているのですが、家族の健康を第一に考えるなら普段の料理には天然だしが一番です。

天然だしには、化学調味料のような濃い目の味が出せませんが、天然の旨味成分がたっぷりと入っているので組み合わせによって食材のもつ味を生かしたおいしさを楽しむ事ができます。

当店では焼きあごを100%使った天然だし「粉末あごだし」を販売しております。
専門店が細部にまでこだわった製法によって作られる焼きあご100%の天然だしなら、子供からお年寄りまで安心して食する事ができます。

当店自慢の長崎県平戸伝統炭火手焼製法A級品の「炭火焼きあご」や「つまみあご」を使った応用レシピなどもサイトに掲載しておりますので、是非家族の健康を第一に考えた食事作りにご活用下さい。


子供の成長を考えるなら天然だしを

コンテンツを見る

お気に入りリストに登録しました。 お気に入りから削除しました。
お気に入りリストはコチラ ×
>